FC2ブログ
Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めっちゃ降ってる。

先週まであんなに暖かかったのになんでーーー。
さむいです。




Anmeldungはびっくりするくらい簡単でした。
いるのはパスポートだけ、あとは住所を覚えておけば問題ない。
じつはこのAnmeldungは到着ご一週間以内にしないといけないので要注意です。
住所が決まったらすぐに行った方がいいと思います。




銀行口座はというと、結論から言うとまだ開けませんでした。
今のところまだビザをとっていないから口座は開けませんとの事でした。
残念。





ではまた。
スポンサーサイト
何か月ぶりかなブログ書くの。。。。

ブログなんて書く習慣ないから、全然かいてませんが、あとに続く留学生の為に、思い出せるだけ書きます。


とりあえずこないだはゲーテのA1に受かったらへんでしたね。

どんなけ前なんやろかwww



あの後は、入学許可が到着するのを待ちつつ、ビザの申請に必要な書類を用意しました。
実家が大阪なので、総領事館のサイトを調べて、このページのPDFをよく読んで要確認です。
http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/03-konsular-und-visainformationen/031-visa/Studium.html

パスポート
(写真)
入学許可
学費・生活費・帰国旅費等に関する保証書
保険の付保証明

は、日本にいるときに用意できるので用意しておいた方がいいと思います。
特に、学費に関する保証書は日本でしかできませんので、用意しないといけません。





次は、留学に伴う計画的特例履修制度の申請です。
これは結構大変なので早めにやってしまいましょう。

特に、交換留学先の大学でどの講義を取るのかを決めるのが大変です。
というのも、留学先大学のシラバスを調べるのも至難の技ですし、
そのシラバスを理解してどの講義が自分に必要なのかを選択するのはもっと大変です!!
そして、担任の先生や、学科長の印が必要です。これも先生の都合があるので大変です。
だから早めにやっておきましょう。
僕の場合は運よくライプツィヒにいた先輩にその年のシラバスを教えてもらうことができ、
無事に書き上げることができました。


これとは別に「私はいつからいつまでどこの大学に留学します。」
という旨の留学届なるものも出さないといけません。
これも先生の印が必要ですので、早めにやっておきましょう。


どちらも、信大からの留学が決まったらすぐにやった方がいいです。
後回しにすると、テストに被ってしまたり、いろいろめんどくさいです。
僕がそうでした。





さーていよいよ入学許可が出たら一気に事が動き出します。
ちょうど期末テストあたりに被っていて、すごく大変でした。
まずは、飛行機のチケットを手に入れることです。
僕の場合は、乗り継ぎが面倒だった事もあって直行便にしました。(といっても、日本からはフランクフルトかミュンヘンにしか直行便がないので、ライプツィヒへ全部飛行機で行こうと思うとは、フランクフルトかミュンヘンでの乗り継ぎが必要です。)

ここで片道で買うと思うかもしれませんが、実は往復で買った方が断然お得なんです。
けど往復だと一年後の復路はむりなんじゃないの。。。
と思うかもしれませんがそれは大間違いです。

実際は一年以内ならば往復で購入することができます。
出発日を指定して、帰国日はとりあえず約一年後を指定するだけです。
二回まで無料で帰国日を変更できるので、帰国日が決まれば登録すればいけます。
ルフトハンザのホームページでできます。

これで大分安くなります。
僕の場合はルフトハンザを使ってなんと!!往復で17万円ちょいでした。




いっぱい書きすぎて疲れたので今日はこんなもんで。
明日はAnmeldungと言って住民登録みたいなのをするのと、銀行の口座を開設したいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。